性病であるカンジダの症状について

性器カンジダ症とは、身体の常在しているカンジダという真菌が異常増殖することで炎症が引き起される性病のことを言います。
女性の感染者が非常に多いことが特徴ですが、稀に男性が感染することもあります。
カンジダ菌は通常は増殖しませんが、抗生物質の服用や体調の変化などによって免疫力が低下してしまうと突然増殖し炎症を引き起こします。
女性の場合、膣カンジダ症と呼ばれることもあり、約5人に1人が経験するポピュラーな性病です。

カンジダ菌そのものは、健康な女性であっても皮膚・口の中・消化管・膣の中に存在する常在菌です。
カンジダ菌は、風邪・疲労・ストレスなどの日常生活の影響によって免疫力が低下し、また、身体の中のホルモンが変化することによって、膣内で増殖し発症します。
性器カンジダ症の代表的な症状としては、女性の場合、膣炎・外陰炎が発症します。男性が発症することは稀ですが、主に亀頭包皮炎が症状としてあらわれます。

より具体的に言えば、女性は外陰部や膣の強い掻痒感(かゆみ)があらわれたり、白色で酒粕状・糊状・ヨーグルト状のおりものが出るようになったりします。
おりものの量そのものも増加します。
外陰部や膣の炎症が代表的な症状であるため、その程度によっては性交痛や排尿障害を引き起こす場合もあります。男性は冠状溝周辺・亀頭に掻痒感(かゆみ)・発赤・赤い発疹のような症状があらわれます。
ただし、男性の場合自覚症状が乏しいことが少なくないため注意が必要です。包茎・糖尿病・ステロイド剤投与・消耗性疾患(体力が消耗しやすい疾患)などがある場合には、性器カンジダ症を発症しやすくなります。
稀に重症化すると尿道炎を引き起こす可能性もあるため、早期の治療が大切です。

性器カンジダ症は適切な治療が行われれば短期間で治癒することが可能な性病ですが、発症原因となるような生活習慣があると再発を繰り返してしまう傾向があり、症状が慢性化する可能性もあるため注意が必要です。

カンジダは再発する危険性が高い病気です

性器カンジダ症は性病の中でも再発の危険性が非常に高い性病です。
なぜなら、性器カンジダ症の原因となるカンジダ菌は常在菌であるため、健康な方でも必ず身体の中に存在しているからです。
性器カンジダ症は性行為によって感染する病気でもありますが、性行為が原因となって発症することはあまり多くありません。
症状が悪化すると炎症がひどくなるため早期の治療が大切となります。

常在菌であるカンジダ菌異常増殖することが原因で、その要因となるのは、免疫の低下・抗生物質の服用・ホルモンバランスの変化・ステロイド剤の服用が挙げられます。
風邪・疲れ・ストレス・寝不足などで免疫力が下がると性器カンジダ症の症状が引き起こされることがあります。
これは免疫力がさがることによって、カンジダ菌が体内で異常に増殖してしまうからです。
糖尿病や肥満などによって血糖値が高くなると、免疫力が低下する傾向があるため、その場合にも発症・再発することがあります。
さらに、抗生物質を服用すると感染症の原因となっている菌を殺すことはできますが、善玉菌も殺してしまいます。結果として、抗生物質の効かないカンジダ菌が増殖してしまい発症・再発します。

性器カンジダ症の再発を防ぐためには、根気強く治療を続けるだけではなく、生活習慣を見直すことも大切です。
再発の場合、市販薬を使うことによって自分で治すこともできますが、治療しても症状が改善しなかったり、症状が悪化したりしている場合には、病院で医師の診断を受けるようにすることが重要です。
途中で治療を止めてしまうと再発を繰り返してしまうことから、一度症状が収まったように思われるような場合でも、継続して治療を行うことで再発の可能性を低くすることができます。