性病であるクラミジアの症状と治療法

治療法について説明する医師 性病であるクラミジアは日本でも感染者が非常に多い性病の一つに数えられるものです。
クラミジアは性病の中でも感染しても症状がほとんどあらわれない場合もある性病で本人でさえ感染に気づいていないことも少なくありません。

クラミジアの症状は男性と女性で異なります。男性の場合、女性と比べて症状はわかりやすいことが特徴です。
排尿痛・尿道不快感・そう痒感などの自覚症状が出ます。クラミジアに感染すると、尿道炎になるケースが最も非常に多いです。
尿道炎の原因が男性の場合、感染は尿道から始まり、前立腺・精嚢、精巣上体へと進行していきます。
クラミジアは潜伏期間も2~3週間と長い性病です。結果として、感染してすぐに自覚症状があらわれないケースもままあります。
感染に気づかないまま数年という長い期間が経過していること場合もあるため注意が必要です。
そのまま放置すると、精巣上体に炎症が起こって精管が塞がってしまい、無精子症を引き起こして男性不妊の要因となるケースもあります。

女性の場合は、男性と比べて症状がわかりにくいことが特徴です。自覚症状がほとんどないにも関わらず、子宮頸管炎・骨盤内付属器炎・肝周囲炎・不妊などに至るケースもあります。
女性のクラミジアの症状は、膣・子宮頸管、子宮内、卵管、腹膜・肝臓へと進行していきます。
膣内・子宮頸管に感染している際の症状としては、性器の臭いやおりものの色、形状などに変化があらわれます。
おりものの量が増え、色も黄色や緑色になり、臭いも強くなります。その他の症状として、膣内の痒みや痛みが伴うこともあります。
クラミジアが子宮にまで感染すると、生理痛のような痛みを恒常的に伴うようになり、おりものの量が増え、匂いのある膿の混じったおりものが出るようになります。
排尿痛や下腹部痛の症状が出ることもあります。卵管にまでクラミジアの感染が進行すると、卵管の先や中の通路で癒着が起こるようになり、子宮外妊娠や不妊症の原因となります。
腹膜・肝臓にまで感染が進行すると、下腹部や上腹部に猛烈な痛みを伴うようになり、腹膜炎や肝周囲炎などの炎症を引き起こすようになります。

このように、クラミジアは重篤な病気を引き起こす可能性がある性病です。そのため、クラミジアは早期治療が非常に重要となります。

クラミジアが早期治療しなければならない理由

クラミジアは早期治療が非常に重要です。クラミジアは自覚症状が出にくいという特徴があることから、知らないうちに症状が進行してしまっている可能性もある性病です。
症状が進行すると、男性・女性ともに不妊の要因にもなる可能性があります。自然に治癒する可能性はほとんどないと考えられます。
そのため、クラミジアは早期に発見し、治療を開始する必要があります。

クラミジアに用いられる治療薬として一般的なのは、抗生物質を服用することによって、クラミジアの原因を殺す方法です。
クラミジアの原因菌を殺菌する成分が含まれたジスロマックやクラビットのような治療薬が用いられます。
ジスロマックとクラビットは、どちらもクラミジアの代表的な治療薬であり、非常に高い効果を発揮します。

ジスロマックの場合、服用し始めた日から数えておよそ1ヶ月程度の期間が必要となります。
ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンは、体内に存在するクラミジア菌に対して、1週間から10日程度作用し続けます。
早期に治療を開始すれば開始するほど、治療期間も短くて済む可能性があります。

一方、クラビットは効果範囲が広い抗生物質で、クラミジアだけではなく様々な細菌に対して殺菌作用を有しています。
クラビットは、レボフロキサシン水和物を主成分としており、1回2錠を1日1回服用します。
ジスロマックと同様に、クラビットもおよそ1週間程度でクラミジアを根絶するだけの効果を有していますが、医師の指示にしたがって自分で勝手に薬の服用を中断しないことが重要です。
クラビットは、妊娠の可能性がある女性に対しては使用することができない薬です。
ニューキノロン系に属する抗生物質を妊婦や授乳婦へ投与することは原則的に禁止されています。
クラビットはニューキノロン系に属する抗生物質を主成分としている薬剤です。女性が治療を開始する際には、妊娠の有無を確かめ、医師に伝えることが大切です。