性病であるヘルペスの症状と治療法

性病である性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス2型の感染が発症原因であり、2日間~10日程度の潜伏期間を経て発症しますが、初感染と再発感染、性別によって大きく症状が異なる性病です。
初感染時は、38度以上の急な発熱や全身の倦怠感、頭痛などの風邪様相の急激な症状を発症する感染患者もおり、外部性器を中心に臀部や太ももに至る広い部分に直径1mm~2mm程度の赤い発疹や水疱などの症状を発症します。
赤い発疹や水疱は、数日で円形の潰瘍を形成しますが、ヒリヒリとした灼熱感を伴う痛みやムズムズとした痒みを感じます。
非初感染時は、初感染時に比べて体内で抗体が形成されている為に症状が軽く再発を繰り返すほど症状は軽くなるとされ、再発を繰り返している感染患者は再発の予兆を感じる感染患者もいます。

女性のヘルペス感染患者は、初感染時には発熱や頭痛などの風邪様相の症状を発症する事もありますが、無症候性の感染患者が多く適切な処置が遅れ重症化する事が多々あります。
女性は、病原ウイルスが膣や子宮頸管部で増殖する事によりおりものの変化や性行痛及び不正出血などの自覚症状が現れる子宮頸管炎や膣炎を発症しますが、自覚症状の少ない子宮頸管炎や膣炎の発症に気付かずに放置してしまい卵管炎や骨盤腹膜炎、肝周囲炎を発症する事があります。
ヘルペスは、長期にわたり子宮に感染する事で子宮頸癌の前癌病変や子宮頸癌の発症リスクを高めるとして早期治療が必要とされ、バルトレックスやゾビラックスなどの抗生物質による薬物治療が行われています。

男性のヘルペス感染患者は、侵入した病原菌が尿道で増殖するので排尿痛や膿の排出などの症状を伴う尿道炎を発症し、尿道で繁殖した病原菌が上行する事で38度以上の発熱や強い痛みを伴う腹痛などの症状が現れる前立腺炎や精巣上体炎及び精巣炎などを発症する事があります。
しかし、男性の感染患者は女性の感染患者に比べて早期発見及び早期治療を行うケースが多く、バルトレックスやゾビラックスなどの抗生物質による薬物治療も短期間で完治しています。

ヘルペスは完治が難しい病気です

性病である性器ヘルペスは、完治後1年以内の再発率が約80%と言われるほど完治が難しい性病とされ、1年に6回以上の再発を繰り返す感染者に対しては保険適用で再発抑制治療が行われています。
性病であるヘルペスは、感染患者の細胞内にウイルスの遺伝子情報を内包するカプシドを送り込む事で感染患者の細胞をヘルペスウイルスの製造工場に作り変え、感染患者の細胞由来の物質でウイルス増殖を行うだけで無く細胞から遊離拡散する際にも感染患者の細胞膜をウイルスを覆うエンベロープとして纏うので感染患者の細胞と非常に親和性が高い特徴を持ちます。
ヘルペスウイルスは、医薬効果や自己免疫力などが高くウイルスの増殖や生息に適さない体内環境が整っている場合には、感染患者の細胞と非常に高い親和性を活かして神経節でウイルスの好適環境が整うまで潜伏感染します。
その為、バルトレックスやゾビラックスなどの抗生物質による薬物治療では完全にウイルスを死滅させる事ができず、1度性病である性器ヘルペスに感染すると一生涯体内に単純ヘルペスウイルス2型を体内に保有する事になり再発を繰り返します。

性病であるヘルペスは、1度感染すると一生涯病原単純ヘルペスウイルス2型を体内に保有しているので過剰なストレスの蓄積や過労による体調不良及び疾患罹患時などの理由で免疫力が低下すると、神経節の奥深くに潜伏感染しているヘルペスウイルスが再び活動を開始し再発を繰り返してしまいます。
その為、1年間に6回以上再発を繰り返す感染患者に対しては、再発に対する精神的な苦痛の緩和や感染予防の目的からバルトレックスを8週間~最長12カ月間服用する再発抑制治療が保険適用で行う事が出来ます。

ヘルペス治療薬の入手方法は?

性器ヘルペスの治療薬で用いられるバルトレックスやゾビラックスの主な入手方法には病院での処方か通販サイトから個人輸入する方法の二つが挙げられます。
性器ヘルペスなどの症状では女性は婦人科などで診察してもらえますし、男性の場合は皮膚科や泌尿器科で診察が可能です。
だたし、病院によってはバルトレックスやゾビラックスなどの抗生物質が取り扱っていない所もあるので事前に調べておくといいでしょう。
また、性病の専門病院も存在しているので、専門の医師に診てもらうといいでしょう。

一方通販サイトでは海外の店舗などから個人輸入という形で購入します。
通販サイトでは病院でかかる診察料などが一切かかからないので、トータルで見ると通販サイトから購入するほうが安く済みます。
また、個人輸入は海外の店舗などを利用するのでトラブルになりやすいので、代理で個人輸入することができる業者を利用すると初めての人も比較的簡単に購入することができます。
通販サイトにはメリットがありますが、注意しておくことがあり、通販サイトの中には偽物の医薬品を取り扱う業者も存在するので信頼のおける業者を選ぶことが重要です。