性病である淋病の症状について

性病について考えるカップル 淋病は、淋菌という細菌に感染することで引き起こされる性病の一種です。
淋病は日光や乾燥に弱く、温度の変化や消毒剤でも簡単に死滅してしまう、その菌自体は弱いものです。
しかし、性器・喉・肛門内・目などの粘液から感染するため、通常のセックスだけでなく、オーラルセックスやディープキスなどでも感染する事があります。
また、感染率も約30%であり、性病の中でも比較的高い感染力を持っています。

淋病は症状の強さが男性と女性で大きく異なります。
男性の場合、淋病の菌に感染すると、ほとんどの人が一週間ほどで排尿痛や膿性の分泌物などの激しい尿道炎を伴った症状が出現します。
それに対し、女性の場合は淋病の菌に感染しても自覚症状が見られない事が多く、仮に症状が現れたとしても、おりものに多少の変化が見られるなど、軽度の症状にとどまる事が多いのです。
そのため、患者数としては圧倒的に男性が多いのも特徴の一つですが、これは単に症状が表出しやすいため、感染に気が付くのは男性が多いだけの問題であり、潜在的な患者数としては女性も同様だと考えられています。
また、近年淋病の患者数自体は減少傾向にありますが、一方で「薬剤耐性淋菌」といい、抗生物質にも抵抗性がある強力な淋菌が増えているため、再び感染者数が増加している傾向にあります。

女性も症状がないからと言って、そのまま感染を治療せずに放置してしまうと、感染の被害を拡大させてしまったり、将来的に不妊や流産・早産の原因になったりしてしまいます。
また菌が体の深部まで浸透してしまうと、播種性淋菌感染症と言って、関節痛・関節炎・発熱・悪寒・皮膚の炎症などの全身症状を引き起こしてしまいます。
さらに、目から感染してしまうと、淋菌性結膜炎と言って、激しい目のかゆみ・腫れ・目やになどの症状が出現し、悪化すると角膜の潰瘍や膿瘍、最悪の場合では失明に発展してしまう事もあります
さらに妊婦の場合、産道である子宮頸管の淋菌感染が胎児に感染すると、新生児結膜炎が発症し、こちらも最悪の場合は失明を引き越してしまう危険性もあるのです。

淋病の予防方法について

淋病は放置してしまうと、菌が体の奥の方まで侵食してどんどん症状が悪化していきます。
時々「過去に淋病になったけど、放置していたら自然治癒した」という人がいますが、それは一時的に淋病の自覚症状が無くなっただけであり、淋病の病原菌は死滅せずに潜伏している可能性があります。
さらに、潜伏している状態でも感染力はありますので、性行為をすればパートナーにも感染します。
必ず治療を受けること、そしてそもそも淋病に感染しないよう、事前に予防をすることがとても大切になるのです。

淋菌は、菌自体は感染力も弱く、日常生活で感染することはほとんどなく感染方法も限られているため、正しい知識を持つことで予防は可能になります。
淋病の予防として、まず一番有効な方法としてはコンドームが挙げられます。
性行為におけるコンドームの正しい使用は、淋病予防にとって非常に有効な手段であり、もちろんそのほかの性病予防にも有効なので、必ず知っておいた方がいいでしょう。

また、前述したとおり、淋病はオーラスセックスやディープキスなど、直接セックスはしなくても感染してしまう病気です。
特定のパートナーの場合はたとえ感染していてもきちんとした治療を受け、お互いにしっかり完治していればもう感染することもないでしょうが、風俗など不特定多数の人と性行為を行っている人との軽率な行為には注意した方が賢明でしょう。

また、淋病は一度治療を受け完治した後でも、免疫が付くというわけではなく、その後も何度も再感染する可能性がある性病です。
必ずその都度正しくコンドームを使い、感染のリスクがある行為を避けることで、自分やパートナーを感染から守ることができるようにしましょう。